外壁塗装の塗り替え時期と地元で評判の良い業者を探す方法

外壁塗装の塗り替え時期と地元で評判の良い業者を探す方法

外壁 塗装

外壁塗装 優良

外壁 リホーム

外壁 塗り替え 評判

外壁 業者

 

 

外壁塗装は10年に1度塗り替えたほうがいいと言われます。
しかし、新築で一軒家を購入した方は「10年くらいではまだまだ外壁は綺麗。最近の外壁はサイデングボードだから、もっと後でも大丈夫」と思いませんか?

 

しかし、外壁塗装の目的は見た目の綺麗さではなく外壁のヒビやボードとボードの隙間にあるコーキングの劣化による雨漏りを防ぐことでもあります。
そして外壁と同じく長年の風雨にさらされた屋根の修繕も雨漏りを防ぐために必要となるのです。
だから外壁塗装は10年に1度と言われるのです。

 

外壁塗装 相場

 

しかし、塗装に使われる塗料によっては次の塗装を20年後にすることも出来ます。

 

アクリル系塗料 5〜8年    1,000〜円 安価で使いやすいが耐久生が低い
ウレタン系塗料 7〜10年 15000円(1坪) 柔らかい・木の部分や雨どいに
シリコン系塗料 10〜15年  16000円(1坪) 耐久性、コストとバランスが良い
フッ素系塗料  15〜20年 22000円(1坪) 耐久性がシリコンよりすぐれている
光触媒・無機塗料 15〜20年 5,000〜5,500円 耐久性が良いが高い
遮熱・断熱塗料(ガイナ)15〜20年 5,000〜5,500円 耐久性や断熱性が良いが高い
ラジカル塗料  14〜16年  17000円(1坪)家を傷めるラジカルの発生を抑える効果と防汚性が高い 知名度がまだ低い 

 

このように安い塗料は耐用年数が短いので次に塗り替えるタイミングが早くなりますし、耐久年数が長い塗料は値段が高いということになります。

 

塗料のことはよくわからないのでこだわりがないという方は、シリコン塗料が一般的でオススメです。

 

コストパフォーマンスと耐用年数のバランスがいいのと、色が豊富なので人気があります。
あと2015年に出たばかりのラジカル塗料は、外壁を傷めるラジカルの発生を抑えるため長持ちするのでオススメですが知名度がまだまだ低いので扱いのない塗装業者もあります。
ラジカル塗料を希望の方は見積もりの際に必ず聞いておきましょう。

 

さて、あとは信頼できる塗装業者を探すだけです。
塗装業者の探し方として一般的なのは、ネット・電話帳・チラシ・ダイレクトメール・訪問営業ではないでしょうか?

 

しかしどの方法も「信頼できる塗装業者か?」という点では疑問が残りますね。
実は外壁塗装は高額な工事であるのに対し、相手が建築に知識のない素人相手ということで手抜きがしやすく悪徳な業者が多いと言われています。
わざわざ屋根に登って作業を確認する人は少ないですし、外壁の上の方を3回塗りのところを2回しか塗っていなくても気が付かないのです。たとえ気がついても、5年後だったりするので今さら文句も言えないということになります。

 

信頼できる塗装業者を探すのであれば、屋根と外壁の優良塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」がオススメです。
こちらで紹介される業者は、厳しい基準をクリアしたところだけですので悪徳な業者が参加できないようになっています。

 

あなたの地元にある複数の塗装業者から見積もりを取ってくれますので、より安い業者を探すことも可能です。

 

まずはあなた自身の外壁塗装の相場を確認してみませんか?

 

外壁塗装 評判

 

 

外壁塗装の必要性

 

外壁リホームの必要性

 

外壁塗装は10年に一度はやったほうがいいと言われます。
しかし費用がこうがくなので、実に億劫ですよね。

 

まだ大丈夫、ウチの外壁はそんなに汚れていないからしなくても平気そう。
ついついそう思ってしまいます。

 

しかし外壁塗装の本当の目的は汚れを落とすことではありません。

 

外壁のヒビやコーキングの劣化を長年放置すると、雨が浸み込んで雨漏りする危険があるのです。
雨漏りは実に厄介で、湿気で木材が腐ったりカビが発生したり、家をゆがめる原因となります。
つまり長年外壁塗装をせずに放置すると、家の中まで傷んでしまうのです。

 

車でも1〜2年に1回メンテナンスが必要なように、家も10年に1回メンテナンスする必要があるのです。

 

 

 

 

外壁塗装の塗り替えの耐用年数 自動車保険の仕組みがわからない 自動車保険概算金額 外壁塗装費用の相場を調べる 外壁リフォーム工事